【仮想通貨】ボーナスタイム終了!?出川組が経験した失敗とこれから

2017/12/30

ビットコインの失敗ストーリーアイキャッチ

今世間を賑わせている仮想通貨、ビットコイン。

とにかく相場はアゲアゲで尋常じゃないほどの右肩上がり。何を買っても爆上げで、仮想通貨で億を稼ぐ”億り人”なるものが続々出てきています。

関連するSNSやチャットの熱気もすごくて

 こんな美味しい相場は人生でも1回あるかないか

 ずっと投資で飯を食っているが、誰でも勝てすぎる。何かがおかしい。

 脳筋でとにかく買いまくれ!

などなど、 もう買えば勝てるというむちゃくちゃな方程式が成り立つほどの異常な相場。

こんなおいしい状況を指をくわえて見ているのはもったいない。

というわけで、今まで投資もしたことがなく、チャートグラフの読み方も知らない人が仮想通貨に手を出して華麗に負ける一部始終をご覧ください。

2017年3月~4月

仮想通貨という言葉自体は知っていましたが、SNSで勝手にフォローしている人がビットコインについてのつぶやき始めたのがこの時期。

まったく興味がなかったのでガン無視していましたが、その人のつぶやきが仮想通貨一色になってきたので「大丈夫かこの人?」と住む世界が違うと思いフォローを解除してしまいました。

今思えば、なんという先見性がある人だったんだろうか。過去の自分をしばきたい。

2017年5月

ビットコインの価格が30万円を突破したとテレビで盛り上がりを見せていた2017年5月。

相変わらず仮想通貨に対して何の知識もなかった私は「もうすぐバブルがはじけてみんな損するんでしょ?実際に儲かるのはごく一部の人間だけ」と高をくくり、手を出すどころか、仮想通貨参戦者を「今さら遅いよ~きっと食い物にされるんだろうに」と憐みの思いで見ていました。

ところがです。

待てども暮らせど価格が落ちない。少し落ちても不死鳥のごとく蘇り、以前よりも強くなって帰ってくる。

Twitterのタイムラインで成果報告が次々に上がる。

・・・。

いやいや、まだまだでしょ。

そんな儲けなんて吹き飛ぶような暴落くるってば。後ろ盾のない通貨に価値がつくなんてただの虚構だ! みんな目を覚ませ!!

2017年11月

そして11月。ビットコインの価格がついに100万の壁を超えました。

この辺りから”億り人”と呼ばれる、利益が億に到達した人の歓喜の声がTwitterのタイムラインで流れ始めます。

----私の心の声----

今から参入したらさすがに遅いかな?

もしかして、本当に人生一発逆転満塁サヨナラホームラン狙える?

でも参戦した瞬間にバブルはじけたらどうしよう。

----心の声おわり----

こんな感じで、11月頃から毎日やろうかどうかうじうじ悩んでいました。

だってずっと仮想通貨を否定し続けてきた私が、周りが儲かってきたから参戦しましたというだけでもダサいのに、取引した瞬間に大暴落というオチになればきっと孫の代まで笑いものにされるじゃないですか。やるなら絶対失敗は許されないのです。

そう悩んでいる間にも、ビットコインの取引所であるビットフライヤーやコインチェックがCMをバンバン打ってその利用者を増やし続け、仮想通貨市場は日々拡大していきます。

仮想通貨のコアなファンは、コインチェックのCMを見て参戦してきた新規参入者のことを【出川組】と揶揄する始末。

後発組は百戦錬磨の投資家の養分としてしか見られていないのだろうか。

2017年12月

12月も半ばを過ぎてビットコインが軽々200万を突破し、220万に手をかけようとしていた時でした。

----私の心の声----

おいおい、つい一ヵ月前に100万の大台に乗ったってニュースになってたばっかなのにもう200万って勢いヤバくね?

もしうじうじ悩む前に買ってたらもう3倍になってる。

今仮想通貨は世間を賑わす話題にはなっているものの、長い目で見ればまだまだ始まったばかりの黎明期。この流れに乗らないのは恐ろしい程の機会損失だ。

やるなら相場がアゲアゲの今しかない。悩むならやって悩もう、目指せ億り人!!

----心の声おわり----

そして、心臓バクバク、手汗びっしょり、震える手でぽちっとな。

25万ほどをぶっ込みました!!!

はい。

完全に参戦するタイミング間違えました。

BTC暴落チャート

買った日がビットコイン史上最高値を更新した日。それから階段を転げ落ちるようにガンガン下がり続け、5日後には約半分になりました。

引退します。ありがとうございました。

仮想通貨の取引所

仮想通貨は銀行での取り扱いはなく、いくつかの取引所からでないと取引できません。

代表的な取引所

>>手数料が安く積み立てもお得なZaif(ザイフ)

>>日本で初めての取引所bitFlyer(ビットフライヤー)

>>通貨の種類が多いcoincheck(コインチェック)

>>GMOインターネットグループの(GMOコイン)

>>中国が拠点の世界一の取引所BINANCE(バイナンス)

バイナンスはこの中で唯一の外国の取引所です。取り扱い通貨の数が日本の比ではなく数十種類あるので、まだ芽が出る前のいわゆる草コインと呼ばれる通貨を買うために登録する人も多いかもしれません。取引手数料も日本の取引所と比べて安いようです。

2017/12/30